お通夜をしない一日葬

お通夜をしない一日葬とは

一般の仏式葬の場合、通夜があり次の日に告別式を執り行います。
しかし一日葬とは通夜を省略して、葬式に身近な方々によって告別式だけを行うという、今までのスタイルにこだわらない、自由な葬儀の1つのタイプとなっています。
つまり一日で告別式と火葬、それに初七日まですべて執り行うことができるのです。

一日葬の流れと特徴

一日葬の流れを簡単にご紹介しましょう。
まず葬儀社に連絡して、亡くなった場所が病院などの場合は、葬儀社が車でお迎えに来てくれます。
その際に葬儀社に一日葬をすることを伝え、ご遺体を葬儀まで安置しておく場所に車で運んでもらいましょう。
斎場や葬儀社、自宅で安置するわけですが、そこで葬儀社や斎場の場合は葬儀まではご遺体と会えない場合もあります。

できるだけ葬儀までご遺体と一緒にいたい場合は自宅に安置するか、葬儀社にその旨を相談しましょう。
そして葬儀の日には、葬儀を行うところに葬儀社が車でご遺体を移動します。
一日目は葬儀社と一日葬の打ち合わせや、お料理の注文や、その他料金の見積もりなど行います。

また死亡届けを役所に提出したり、火葬許可書の交付の申請手続きなども葬儀社が代行してくれるので、その辺も手続きも行います。
葬儀の日は、まず旅立ちの準備として「納棺の儀」を行い、お花などをお棺に入れながら最後のお別れをしていく「告別式」を行い、「式中初七日法要」、「お別れの儀式で出棺」、「火葬」「精進落とし」という流れになります。

ただし「式中初七日法要」を行わずに、「火葬」の後に「初七日法要」「精進落とし」となる場合もあります。
しかし一日で行う場合、時間的にも短いので参拝客が多い場合でもできるのかと不安に思われる人もいるようですが、その場合は葬儀社がスタッフを増やして、滞りのないように誘導してくれるので安心して任せましょう。

一日葬のメリット

遠方から来ていただく親族などの宿泊など必要ないため、負担が少なくてすみます。
また遺族も2日間お参りの人々のお相手をすることで、身内を亡くした悲しみだけでなくさまざまな心の負担がありますが、1日に短縮するだけでも負担が少なくなります。
そしていわゆる一般的には通夜を行うときに、身内だけでゆっくりお別れができるというメリットもあります。

一日葬の価格について

一日葬はいろいろなものを省くために、価格的にも一般葬儀よりずっと費用を抑えることができると言われており、平均的な価格として、大体20万円~50万円と言われています。
ただし、ご遺体を安置する場所によっては、ずっと家族が一緒にいたい場合は斎場の個室を借りることになるので費用は高くなります。

また自宅にご遺体を安置すれば、その分安置する費用はかかりません。
また参拝者がとても少ない場合と、多い場合では価格もまったく違ってくるので、しっかり葬儀社と相談して見積もりを出してもらいましょう。