故人の好きな楽曲でお別れできる音楽葬

音楽葬の特徴

あまり決まり事にこだわった葬儀はしたくないという故人の生前からの思いや、家族の思いをかたちにした葬儀もあり、その1つが音楽葬です。
音楽を愛していた人は多く、生前から好きな曲を流してお別れしたいと思っている人も多いようです。

音楽葬は故人が好きだった音楽を流し、故人を偲ぶというものです。
もちろん普通の葬儀でも出棺のときなどに好きな音楽を流すことはできますが、音楽葬となると無宗教葬や自由葬といわれるもので、読経も行わない音楽中心の葬儀が多くなります。

音楽葬の場合はCDだけでなくピアノやエレクトーンの生演奏も希望によって使用できます。
もちろん焼香をしたり献花をしてもOKで、この辺もすべて自由となのです。

音楽葬のメリット、デメリット

音楽葬のメリットはやはりその音楽によって、より故人を思い出すことができるというものです。
そして故人の好きだった音楽を家族が選んで使用することが多く、家族にとってはより自分たちが送り出すという強い気持ちが持てることもメリットです。
ただし、デメリットとしては葬儀の自由な形式に納得できない家族がいるときには、なかなかこのようなかたちの葬儀ができないということもあります。

音楽葬の流れについて

音楽葬自体自由な葬儀なので流れも自由です。
そのため音楽葬の流れも決まったものはないので、一例としてご紹介しましょう。
まずお通夜はなく葬儀は1日となります。

まず開式少し前に着席の案内をし、静かな音楽を流します。
この場合、生演奏であればソロ演奏などが行われます。
そして前奏として音楽葬で行うことがアナウンスされ、献奏を流します。

この後、開式の辞と黙祷が行われ、黙祷が終わるとお別れの言葉、献奏と続きます。
お別れの言葉は故人に向けたメッセージを送り、その後メッセージに合う曲を選んで献奏しますが、これは遺族からのリクエストだったり、故人の好きな曲を参考に葬儀社に選んでもらうこともできます。

そして会葬者に向けた喪主の挨拶を行い、それから焼香や献花などを行いますが、無宗教葬であっても日本ではお焼香を行うことも多いようです。
このときにはメモリアルスクリーンを流したり、音楽に合う映像を流すという演出もできます。
生前のビデオを流したり、また故人の写真をずっと映し出しておく場合もありますが、これも遺族との相談で決めていきます。

そしてその後、後奏として生演奏やCDなどで故人を偲ぶ音楽を流しながら、閉会、お別れ、出棺と進み、最後は拍手で出棺となりますが、もちろんこのときにも故人の好きだった曲や思い出の深い曲を流します。
無宗教葬の場合は1日だけの葬儀がほとんどで、初七日などもないので、身内だけで焼き場へ行き、その後食事会などをすることが多いようです。