自分の葬儀に参加できる生前葬

生前葬について、特徴

亡くなってから葬儀をしても意味がない、生きているうちに葬儀を行いたいという考え方もあり、そのような考え方の人には生前葬というかたちもあります。
形式にこだわらない葬儀が増えている中、生前葬も増えていると言われているのです。
自分が生きているうちに葬儀をするということに対しては、いろいろな考え方があるかも知れません。

しかし死に対しての考え方もいろいろあるため、このような葬儀のかたちがあってもいいのではないでしょうか。
そして生きているうちに感謝したい人に感謝を伝えるということもできます。
基本的にはその方が本当に亡くなったときには、特に葬儀を行わずに静かに火葬され納骨されていきます。

生前葬の注意

生前葬はやはりまだ一般的に行われている葬儀ではありません。
参列する人たちは、どのような気持で参列していいか分からないこともあります。
そのため参列する人への説明、配慮がとても重要となります。

もちろん親族、家族などの同意もなかなか難しいこともあります。
やはり全員が気持良く生前葬を納得するかたちでなければ、難しいスタイルでもあるようです。
また生前葬を行ったとしても、火葬や納骨をする必要はあり、必ず家族の手を借りることになるので、家族の意見も尊重したいところです。

例えば普通の流れでは臨終、お迎えや安置、納棺、通夜、告別式、出棺、火葬、骨挙げ、納骨などの流れの中で、通夜と告別式を生前葬で先にやってしまったとしても、他の部分は家族が行うことが必要であるということを知っておかなければなりません。
そのため家族全員が一致して賛成していないと、生前葬はなかなか難しいということもあります。

生前葬の魅力

生前葬によって、親しかった人に生きているうちに感謝を伝えることができるというのが最大の魅力です。
亡くなるのは突発的なことも多く、いざ亡くなる前に感謝を伝えられずに思い残す人もいるのではないでしょうか。
そして自分の中でも、この日を境にして前向きに亡くなるということを意識した生き方ができるようになったという体験談もたくさんあります。

何事でも準備をしっかりしている人こそ、今を大切にできるものです。
生前葬で自分の中に大きな区切りができることで、人生の終盤を充実して生きることができると言われています。
立食パーティーや美味しいお食事を一緒に楽しみ、カラオケをしたり好きなスタイルで自分らしい葬儀を行うことができ、葬儀の感動も生きているうちに実感できるのです。

生前葬の流れ

生前葬の流れも本当に自由であり、葬儀のイメージの強いスタイルや、パーティー的なイメージが強いスタイルなどいろいろですが一般的な流れをご紹介しましょう。
まず開会の挨拶、自分史の上映などを行い、親類や友人からのスピーチをいただき、生演奏、カラオケ、演芸など出し物があり、その後会食となります。

会食などは出し物を見ながら会食をする場合もあります。
そして本人の挨拶と、閉会の挨拶で終了するという流れになります。
出し物と会食は参列してくれた方々へ、今までの感謝の気持ちをかたちにするもので、いろいろなアイデアで行われます。