【神式】玉串奉奠の作法

玉串奉奠とは

玉串奉奠は神式で行う葬儀のときに行う作法ですが、仏式でいうところの焼香にあたるものと考えましょう。
神式葬儀では線香を一切使いませんが、榊の小枝に紙垂を付けたものを決まった作法で、自分の心をそこに乗せて、神に捧げるという意味があるものです。
もちろん葬儀だけでなく、例えば地鎮祭などのときにも行います。

玉串奉奠の順序

まず神官から玉串を受け取りますが、右手で榊の枝元を上から軽く掴み、左手の平の上に榊の葉の上部を乗せるというのが正しい持ち方になります。
つまり右側に榊の枝元があり、榊の上部が左側にあり、榊を横に持つ感じになります。
葬儀では多くの場合、神官からでなく係員から渡されるので、同じように受け取ったら神官と遺族に対し、一礼をするようにしましょう。

次に玉串を胸の高さに辺りに持って、そのまま玉串台へ2~3歩進みます。
玉串を水平に右回りに(時計回りに)移動していきますが、1回にぐるっと回さずに2回に分けて回すようにします。
まず右にあった枝元を自分の方に向くまで回転し、左手の平に乗せた榊の先は正面に向かった状態のところで、持ち替えるようにしましょう。

持ち替えるときに両手で枝元を持ち、玉串を少し立てて気持を込め、そして今度は枝元を左手で持ち、右手は榊の上部の下支えます。
そのまま時計回りにもう一度ぐるーっと回して、左手に乗せた枝元が正面側になり葉先が自分の方に向いた状態にして、そのまま玉串台に奉奠(ほうてん)します(供えること)。

奉奠した後には、姿勢正してから霊前に向かって、二拝、二拍手、一拝し頭を下げましょう。
二拝とはいわゆる二礼のことで、直立不動に立った姿勢で2回頭を下げます。
そして二拍手とは胸の高さで手を2回叩きますが、葬儀などのときには音を立てずに叩くようにするのが礼儀です。

最後の一拝は一礼のことなので、最初と同じように直立不動の常態で1回頭を下げて終わります。
そして頭を戻し正面を向き、そのまま2~3歩退き神官や遺族に一礼して戻るようにしましょう。

マナーや注意点について

二拍手はおめでたいときには音を立てて手を叩きますが、葬儀などに関するときには「しのび手」といい、音をたてずに叩くようにするのがマナーです。
また拝礼をするため髪の長い女性などは、髪がバサバサするのは見苦しいので、髪を束ねておくようにしておくのもマナーと言えるでしょう。

玉串奉奠の作法をしているうちは、足を開いて立たずに必ず足を揃えて、両ひざを付けて立つようにします。
神様に自分の心を乗せて捧げるという意味のある玉串奉奠の作法では、足が開いていたり、膝を曲げてだらしなく行うことは絶対に注意しなければなりません。