【神式】神葬祭:通夜祭・葬場祭

神式の葬儀について

日本では仏式の葬儀の次に多いのが神式の葬儀ではないでしょうか。
とはいっても、仏葬が圧倒的に多いので、神式の葬儀といわれても分からないことが多いかも知れません。
神道に基づいた葬儀も仏葬と似ているところもあります。

通夜祭には、通夜振る舞いを行う直会(なおらい)や、葬場祭で見送るまでの1夜を家族で交替しながら、故人を一人にせずにロウソクの火を守るという夜伽(よとぎ)などがあります。
そして葬場祭が終わると出棺祭・火葬祭・帰家祭などが行われるのです。

直会(なおらい)について

通夜祭では故人への供養と、弔問者への感謝の気持を込めて、軽食や飲料などが振る舞われるもので、神道では直会(なおらい)と言うのです。
軽食の場合もありますがお菓子とお茶程度の場合もあり、地域によって違いがあると言われています。
生前の故人をお茶や食事をしながら偲ぶという習わしもありますが、長居は迷惑なので適当に失礼することも大切です。

夜伽(よとぎ)

通夜祭の最後は故人を一人にしないように、親族が誰か一人ずっと起きてローソクが消えないように守る夜伽(よとぎ)が行われますが、仏葬でも通夜の夜に身内が起きて線香を絶やさないようにしますがそれと似ています。
もともとは故人を葬るまでに亡くなった人が生き返る可能性があるということで、それを願い、一晩そばに付き沿うという意味もあります。

確かにそれは生き返って欲しいという願いではあるものの、昔は医学も発達していなかったので、仮死状態を死亡と間違えてしまい24時間以内に蘇生した人がいたこともあるのではないでしょうか。

神葬祭(葬場祭)について

通夜祭の次には葬場祭の儀式は神社では行わずに故人の自宅や集会場、葬儀会場などで行います。
そこに神社から神官を招き行うことになりますが、葬場祭が行われ出棺祭、火葬祭、帰家祭が続いて行われますが、これらが終わると、魂は祖先の霊とともに家の守護神としてまつられることになるのです。

仏式の場合の僧侶が儀式を進めますが、神式の葬儀では神官が執り行うことになります。
そして仏式の焼香に似たことで、玉串奉奠が行われるのです。

神式葬儀のマナーについて

仏式の葬儀が多い日本では、神式葬儀のマナーを知らない人もたくさんいるのではないでしょうか。
そこで簡単なマナーについてご紹介したいと思います。
まず数珠は一切必要ありませんので、持って行かないようにしましょう。

次に服装に関しては仏式と同じく喪服でOKで、アクセサリーは真珠のみにし、バッグや靴も黒が基本です。
他にも線香や仏花は手向けず、果物、菓子、酒など故人の好みだったものをお供えするようにしましょう。
お供えは大体5000円~1万5000円が相場と言われています。

また使用してはいけない言葉として、「ご冥福をお祈りいたします」や「成仏されますよう」「ご供養させていただきます」などは避けます。