【佛式】焼香の作法

いろいろな作法がある

仏教式の葬儀では焼香の作用がありますが、その中でも「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」の3タイプがあります。

線香、抹香について

焼香といっても線香を立てる場合と、抹香をつまんで焼香する場合があり、線香の場合は曹洞宗や臨済宗では1本、真言宗では離して3本を立て、浄土真宗では半分に折り、日蓮宗では折らず横に寝かすようにします。
また抹香をつまむ場合の回数は、浄土真宗本願寺派は1回、真宗大谷派や曹洞宗は2回、真言宗は3回、あとは1~2回となります。

線香を手向ける場合はロウソクの火に必要な本数の線香に火を付け、口で吹き消すことはせずに手で仰ぎ消すようにします。
線香を立てる場合は真っ直ぐ立てますが、複数の線香を立てる決まりがある場合はまとめて立てずに少し離して立てるようにし、本数に決まりがない場合は1本にするのが礼儀です。

抹香をつまむ場合は親指、人差し指、中指の3本の指で抹香をつまみ頭を少し下げ、指で抹香を擦るようにしながらおでこの近くに抹香を持っていき、そこからゆっくり下に戻して香炉に入れるようにします。
線香の本数や抹香の回数の支持がなければ、線香なら1本、抹香なら1回にし、支持があれば従います。

立礼焼香の方法

順番が来たら軽く会釈をして前に進み、遺族や僧侶の前では一礼し、焼香台に進みます。
焼香台の前で位牌や遺影に一礼し、それから焼香を行いましょう。
その後、数珠を手に掛け合掌して遺影にお別れをし、終わったらそのまま2~3歩そのまま下がり、遺影に再度一礼をし、僧侶と遺族に一礼して戻るようにします。

座礼焼香の方法

座った状態で隣の人に軽く一礼して、中腰で焼香台の方へ進むようにします。
焼香台の少し手前で、正座をして遺族に一礼をし、そのまま焼香台に向かいます。
そこで遺影や位牌に一礼し、焼香をした後、数珠をした手を合わせてお別れをしましょう。

終わったら正座のまま少し下がり、再度遺影に一礼して、遺族や僧侶にも一礼し、中腰で戻ります。
遺族や僧侶に一礼するまでは正座の状態で行うようにしましょう。

回し焼香の方法

僧侶の読経の中、抹香や線香を乗せたお盆が回ってきます。
隣の人からお盆を受け取ったら、そのまま自分の前に置き焼香を行い、数珠を持って手を合わせお別れをして一礼します。
その後、次の人にお盆を回しますが、このときに軽く一礼をしながら隣に渡します。

回し焼香は狭い部屋で行うことが多く、その場合は部屋に煙がこもってしまうこともあり、特に決まりがない限りは1回の焼香にすることが礼儀とされます。
椅子に座った回し焼香の場合は回ってきたお盆を膝の上に置いてお焼香を行い、隣の人に渡していきます。