のし袋の様式~お通夜~

お通夜や葬儀に使用するのし袋の特徴

お通夜ののし袋は、ほとんど葬儀ののし袋と同じで、のし袋といってものしはつきません。
お通夜や葬儀ののし袋では、水引の色と結び方に特徴があります。
まず水引の色は地域によって違いがありますが、どこでも通用するのは白黒の水引です。

最近は金封では双銀といい、左右同じの銀色の水引も人気があり、白黒より豪華なイメージがあるのでお香典の価格によって金封の双銀にしてもいいのではないでしょうか。
また白と黄色の水引は特に関西で使用されると言われていますが、最近では関西でも黒白が増えているとのこと。
また少し離れた地域によっても違うことがあるので、分からない人は白黒なら特に問題はないようです。

また水引の結び方としては、2度と繰り返さないという意味で、しっかり固結びにした「結び切り」となります。
「あわじ結び」の場合は末永く付き合うという意味があるので、お寺のお布施などに使用されます。

お通夜、葬儀ののし袋の表書きについて

お通夜、葬儀のお香典を入れるのし袋の表書きは、葬儀がどの宗教で行うかによって違ってきます。
例えば仏式の場合「御香料(ごこうりょう)」「御香典(ごこうでん)」「御霊前」となりますが、浄土真宗だけは亡くなったらすぐに仏になるという教えなので「ご仏前」でもOKですが、他の宗派は「ご仏前」はお通夜、葬儀では使用しません。

神式の場合は、「御玉串料」や「御榊料」のほか、「御神前料」や「御霊前」のどれかを使用し、キリスト教の場合は「お花料(おはなりょう)」「御霊前(ごれいぜん)」のどれかを使用します。
またどの宗教でも「御霊前」ならOKですので、分からないときにはおすすめです。

他にも無宗教の場合も「お花料」「御霊前」なら問題ありませんし、新興宗教の場合も「御霊前」なら問題ありません。
また表文字を書くときに、お通夜や葬儀の場合、薄墨で書くというのが基本です。
これは涙で墨が薄まったという意味があり、筆ペンなどでも薄墨用のものがあるので、できるだけ薄墨を使用しましょう。

のし袋と金封の違い

のし袋には四方折り・四つ手の「多当折型」と、「封筒型」タイプと金封タイプがあります。
「多当折型」の左端には緑色の細い線が入っています。
また蓮などの薄い色合いの柄が入っているものもあります。

のし袋の「多当折型」と、「封筒型」は地域によってどちらを使うかは違っており、「多当折型」を使用する地域は関東地方であり、「多当折型」「封筒型」の混合の地域は静岡県、愛知県の一部、新潟県、福島県、残りはすべて「封筒型」と考えておきましょう。
また豪華な金封は全国どこでも使用できます。