お盆

先祖供養の儀式

お盆とは、7月15日を中心として行われる先祖供養の儀式です。
先祖の霊があの世からこの世に戻ってきて家族とともに過ごし、再び帰っていくという行事です。
日本古来の祖霊信仰と、中国から伝わった仏教が結びついた行事であり、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。

桶

盂蘭盆会とはインドの古い言葉「ウラバンナ」の略語です。
さかさまにつるされたような苦しみという意味があり、ウラバンナから解放してあげようという願いを込めて行われるのが、お盆だというわけです。

お盆には、すべての方がお休みをします。
あの世で私たちを見守っている先祖までお休みをして、家族とひとときを過ごすのです。

お盆の歴史

日本のお本の歴史はとても古く、お正月の行事と並んで、大きなイベントとして行われます。
日本書紀によれば606年頃に、「この年より初めて寺ごとに4月8日、7月15日におがみす」と書いてあることから、お盆の起源となったと言われています。

平安時代では、宮中においてお盆の行事が盛んに行われるようになります。
行事が定着したのも、平安時代です。

古来より、年に二度ご先祖様が帰ってこられると信じられていました。
そこで、お正月とお盆には特別な行事を行い、御先祖様をもてなしたとされています。

とりわけてお盆の数日の間は、手厚くもてなすという風習が残りました。
お正月よりもお盆のほうが日数が長いのはこのためですl。

お盆の間は、地獄にいる鬼でさえ仕事を休むという言い伝えもあります。
地獄は罪深き人が落ちる世界。
その罪を償っている鬼でさえ休むのですから、人が働いている場合ではありません。

どれだけ厳しい世界の中でも、前向きに生きようという考えなのかもしれません。
これらの言い伝えから、現代のお盆の行事となったのです。

また、お盆には、嫁いだ娘たちが実家に帰って休息を取るという習慣もありました。
これを昔は「ヤブイリ」と呼び、昔は家族が楽しみにしていたそうです。

ほぼ、奉公人は休みがない時代。
年に一度のヤブイリを楽しみにしていました。

お盆には親戚が集まります。
ご先祖様も、ヤブイリもそうですが、素晴らしい日本の風習だと思いませんか。

服装や料理について

お盆といえば、独特な料理があります。
料理とはいえないかもしれませんが、キュウリの馬と、ナスの牛です。

キュウリで作った馬はきゅうりにしっぽをつけたように割り箸をさします。
その馬に乗ってご先祖様が帰ってきます。

そして、お盆が終わったら、足の遅い、ナスに棒を刺した馬に乗ってご先祖様に帰ってもらうという言い伝えです。
キュウリとナスを用意することによって、御先祖様がこの世に帰ってきて、そしてあの世に戻ってくださるという流れができます。

お供え用のお膳を作る方も多いでしょう。
お供え用のお膳は、その地域によって古くから伝わる献立があります。

飲み物やお膳を楽しみ、にぎやかな一時を過ごし、ご先祖様とゆっくりする。
日本のおもてなし精神が生かされたとても良い風習ですね。