元旦/初詣

新年の始まりの参拝

新年になり、お正月に初めて神社やお寺に参拝することを初詣と呼びます。
お参りする機会はたくさんありますが、合格祈願や商売繁盛、安産祈願などがあります。
その中でも、参拝の仕方は様々ですが初詣は毎年神社に行く年に1度の機会です。

初詣は、これから始まる一年間で良い年であるようにという祈りが込められています。
年ごとに縁起の良い方角があるため、自分の住まいからみて良い方角にある神社にお参りするというならわしなどもあります。

初詣と一般的に呼ばれていますが、初参りとも呼ばれています。
初詣の時期には様々な説があり、元旦だけを初詣というしきたりもあれば、三が日、松の内などの決まりもあります。

なぜ日付によるならわしがバラバラなのか?
そrは、元旦の初詣は、東京の明示神社、京都の八坂神社など大勢の参拝者が訪れる場所となると、人が多くて元旦は避けたほうが良いと考える方も多いからです。

三が日の間に行くと良いと考えが広まり、のちに松の内である1週間以内に行くと良いというならわしが生まれました。
結局は、この決まりに従う必要はありません。
いずれにせよ、お正月に参拝すれば、それば初詣となるのです。

初詣の歴史

初詣には二つの説があります。
1つの説は、「恵方参り」が初詣になったという説と神道の「年籠り」が初詣になったという説です。

初詣

お正月は、神道の儀式であり、会亭ではその年の幸福をつかさどる神様に鏡餅をお供えして、門松をたててお迎えしたというならわしがあります。
そして、おせち料理を作って、その年の豊作、家内安全などを祈ります。

恵方参りは、歳神様からのお下がりである、おせち料理を頂き、歳神様のいる方角にある神社に参拝するというならわしのことです。
恵方は、縁起の良い方角だと考えられていました。

そして、年籠りは古くからある風習。
氏子である家長が、その土地の氏神様をまつった神社にこもって、大みそかから元旦にかけて方策や家内安全を祈ったという行事です。

大晦日から元旦に切り替わる際に参拝することを二年参りとも言います。
除夜の鐘は、神道よりも仏教の儀式が現代まで残ったものです。

服装や料理について

お正月といえば鏡モチ。
大晦日からおもちをついて、それを元旦に食べると縁起が良いとされています。

そして、おせち料理を作っておき、三が日をかけて食べます。
これは、様々なルーツから始まったものです。

元旦の料理といえばおもちとおせち料理が一般的です。
実は、お正月は働いてはいけないという言い伝えから広まったという説があります。

料理を作らなければいけない女性は、お正月も休むことが出来ません。
そこで、おせち料理を作りだめしておき、腹持ちの良いおもちを食べると良いという考えが伝えられたのです。

現在は、おせち料理を手作りする人も減り、店舗のおせちを購入する人が増えています。
特に百貨店のおせちは有名料理人が監修を行ったり、毎年工夫が凝らされています。

中華風や洋風の豪華なおせちもあり、昔と違って、おせちは一年に一度の贅沢となりつつあるのです。
おせち|大丸松坂屋オンラインショッピング

また、お正月の参拝では着物姿の方も見かけるでしょうが、現代では私服で参拝される方がほとんど。
着物を着ている方も、レンタルの場合がほとんどです。

お正月は古き良き伝統とともに、現代のラフなスタイルに繋がったのです。
決して決まりはありません。
ですが、お正月くらいはおせちとおもちを食べて、ゆっくり過ごしたいものですね。