【佛式】精進落とし・精進料理

精進落としとは?

葬儀の後に振る舞われる食事のことを精進落としと言いますが、どのような意味があるのでしょう。
元々は家族が亡くなると49日までは精進料理を食べることになっており、49日を明けたときに、普通の食事に戻すことを指していたのです。
もちろん今ではそのようなことはなく、初七日法要のときに僧侶をねぎらうという意味での食事の席となっています。

そのため現在は、初七日を葬儀後に行うため、葬儀後に精進落としを振る舞うということになっているのです。
そして今は僧侶へのねぎらいだけでなく、参加者に対しての「御礼」と「お清め」と「故人の供養」という意味を込めています。

精進落としの料理の内容

精進落としの料理というとどのような内容になるのでしょう?
精進落としは野菜だけしか食べられないのではないかと、勘違いされることがありますが、そのようなことはありません。
幕の内弁当や、寿司、懐石料理などその種類はいろいろありますが、料理の内容は精進料理ではないので大きな決まりはありませんが注意することもあります。

例えば鯛や伊勢エビのようにお祝いのお料理に使われるようなものは、どうしてもお見送りの席では不似合いとなり、精進落としの雰囲気にも合わないので避けるようにしましょう。
また宗教的な側面から、折衝や煩悩に刺激を与えることのない食材を使うということになります。

その意味から肉の他にも、他にもネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウなどの臭いの強い食材、生姜などの辛みのある野菜は使わないことがほとんどですが、生姜などは隠し味として現在は使われています。
しかし実は肉も自分が食べるために動物を殺したということでなく、殺すところを見てわけでなければ、肉でも許されるのです。

昔と違い「あなたのために今この動物を殺生して来ました」ということはなく、肉は不特定多数のために動物を殺生しているので、本来はあまり問題ないとも言われています。
このようなこともあり、精進落としの料理は故人の好きだった中華料理やイタリアンなどにする遺族もいます。
ただしほとんどの精進料理には肉は抑えられており、魚と野菜と卵を使ったものの方が多いのも現実です。

精進落としの流れについて

精進料理の振る舞いは葬儀や告別式の終了したタイミングや、火葬が終わったタイミングに行います。
まず僧侶や世話役代表が上座、喪主や遺族は下座となります。
そして開始のご挨拶として遺族が、僧侶と参加した人たちに感謝の言葉を伝え、それから献杯を行って合掌や黙とうの後、お料理に手を付けていくようになります。
精進落としの場合はお祝いではないので、乾杯はせずに献杯となるのです。

遺族の人たちは参加者に対して御礼を伝えながらお酌をしていきます。
全員の食事の状況を見て、終わってもいいと判断できたら、遺族の方から終わりのご挨拶をして終了となります。