【佛式】法要:初七日

初七日とは?

焼き場から帰った後、初七日の法要を行うことも多いようですが、初七日とはどういう意味があるのでしょう。
故人が亡くなってから7日目に行う法要のことを指します。
初七日はいわゆる仏教ではこのときに、三途の川の渡り方を決められるときと言われています。

つまり川の深みを苦しみながら渡らなければならないか、浅いところを楽に渡ることができるか、生前の行いによって決められるのが初七日であり、このタイミングでしっかり三途の川を無事に渡ることができるように法要をするのです。
本来49日まで7日ごとに法要をしますが、現在は初七日と49日の法要だけ行うことがほとんどとなっています。

初七日のお布施について

お布施というのは金銭や財産を施すという「財施」、仏の教えを説く「法施」、不安や恐怖を取り除き安心を与える「無畏施」の3つの意味があり、これらはどれも自分の持っているものを喜んで差し出すというものです。
お布施には見返りを求めないということが大切なのですが、実際は僧侶に対するお経代ということになります。

そのためお寺で初七日の法要は幾らと決めているところや、お気持ちで良いとなっているところなどさまざまですが、最近は決められている場合が多いようです。
大体3万円~5万円が多いと言われていますが、もしお気持ちで結構ですということであれば、他の檀家さんは大体どのぐらいですかと聞いてみると、大体このぐらいだという価格が分かります。

お布施の渡し方

初七日を葬儀のときに同時に行っても、お布施は直に僧侶に手渡しすることが多いと言われています。
お渡しするタイミングは葬儀の始まる前に、葬儀をよろしくお願いしながら渡したり、終わったときに感謝を伝えて渡すのもいいでしょう。
半紙などに包んだお金を、小さなお盆などに乗せてお渡しするようにすると失礼がありません。

現代の初七日法要の種類について

最近ではお葬式の日に初七日の法要を済ませてしまうところも多くなってきました。
やはり家族や親せきが通夜、葬式と出席して、また1週間後に初七日で集まることが難しいということから、このように葬儀のときに行ってしまうことがほとんどと言っていいほど増えています。

この場合、繰り上げ法要と繰り込み法要があります。
繰り上げ法要の場合は、告別式が終わると出棺となり火葬場で火葬しお骨にし、戻ってから初七日法要を行い、精進落としの食事をして解散します。
火葬の後なので身内だけとなり、一番行いやすいタイミングとも言えるのではないでしょうか。

そして繰り込み法要の場合は告別式の後、すぐに近しい身内だけで初七日法要を繰り込んでしまうのです。
その後、出棺して火葬場に行き火葬をし、精進落としの食事をして解散となります。
このように初七日を葬儀のときにやってしまうだけでなく、組み込み方も選べるのです。