結納

結婚の誓い

結納とは、正式に婚約をする儀式のことで、古くからのしきたりに沿い、結納品などを取り交わします。
通常は女性宅で催します。
地域によってやり方が様々で、最近では式場やホテルなどの結納パックを利用する方も増えています。

顔合わせや食事会などでは結納品を用意せず、婚約指輪などの記念品を交換するというケースもあります。
簡単に言えば、贈り物として男性が女性に結婚の意思が固いことを伝えるという解釈で良いでしょう。

結婚

「結んで納める」という言葉の通り、両家が親類となるための結びを祝って、贈り物を納めるという習慣です。
結納が済んだら、結婚をするという誓いをたてたことになります。

行う時期は、結婚式の3か月から6か月前頃です。
大安や友引のタイミングで、午前中に行うことが一般的です。

結納の歴史

結納の起源をさかのぼると、1400年前の仁徳天皇の時代までさかのぼります。
日本書紀では、仁徳天皇の皇太子が、羽田矢の娘を妃として迎えた時に、納菜が贈られたと言われています。
それが、現在でいう結納だったのです。

結納の作法が整ったのは室町時代です。
当時は、公家や武家の間のみで行われていました。
庶民にとっては、、結婚式すらあげる習慣さえなかったのです。

平安時代に貴族が行っていた婚礼儀式は、室町時代の中国の婚礼制度が取り入れられていました。
武家の婚礼制度として確立し、結婚式の行事が行われるようになったのです。

庶民が結納を行うようになったのは明治時代です。
庶民の間で普通に結納を交わすようになるまでに、かなりの時間がかかりました。

結納は結婚の約束の為に贈るもの。
自らの願いと誠意をこめて、相手に贈られました。

結納の語源には様々な説があります。
結いのもの、つまり宴の席で共に飲食する酒や杯を意味しているとも言われていますし、婚姻を申し込む「云い入れ」からきているという説も。
中国における習慣が日本と結びついて、日本語化されたのです。

服装や料理について

結納には2つのスタイルがあります。
正式結納と略式結納です。

正式結納では、仲人が両家を往復し、9つの品物や結納金を届けるというスタイル。
そして、略式結納は両家のどちらかの家、もしくはホテルや料亭などで行うスタイルです。

結納品の数は減らすことができます。
また、結納を行う際の服装は、正装または準正装です。
これは、両家で相談してあらかじめ決めておきます。

正式結納で必要な9つの品物は決まっています。
まず、目録です。
結納品や品物の名前、数量などを記載します。

のりアワビや結納金を入れる金包包。
鰹節やするめ、こんぶやともしらがなどが必要です。

末広という白い扇、やなぎだるという酒樽を含め、9つの品となっています。
場合によっては7つ、または5つに減らしますが、これは2つに割れない奇数の品物を用意するという決まりがあります。

結納品は、インターネットでも購入することができます。
予算は1万円から10万円程度まで様々です。