結婚式

婚礼の儀式

結婚式とは、婚姻を成立させるために行うもの。
もしくは婚姻を確認するための儀式です。
ウェディングと呼ばれていますが、儀式としての結婚式が終了した後のうたげは披露宴と呼ばれます。

結婚式は古くから世界各国で行われています。
地域によって様々ですが、どの地域でも喜びの儀式とされています。

披露宴を行うケースでは、結婚式自体を少ない人数で行い、披露宴には数十名から数百名という人数を呼ぶというケースがほとんどです。
民族によっては、伝統たる結婚式が執り行われます。
宗教によるもの、またはそうでないものがあります。

宗教的な場として行われる結婚式は、双方もしくはどちらかが信者であり、施設において親族を呼び執り行われます。
宗教的な場ではないところで行われるケースでは、家族の家や商業施設で行われるものもあります。

結婚式の歴史

日本神話においては、イザナギとイザナミの神話で結婚式らしいと思われる描写があり、それが起源だと言われています。
平安時代では、通い婚の時代でありそこで行われていた宴が、のちに披露宴として広まったと言われています。

安土桃山時代に来日したルイス・フロイスの書籍によれば、「日本では結婚式は行わない」と記されていることから、日本にはまだ結婚式が定着していなかったことが伺えます。
ですが、実はこの時代には婚姻に対しての儀式が行われていました。

江戸時代では結婚式が定着しつつあり、神前結婚式に近い儀式が行われています。
そもそもこの時代に「指輪をはめる習慣」がなかったため、結納品を取り交わす儀式や、婚姻の証として証明品となるものの贈呈などが行われていました。

近代の日本では、宗教に関係なく教会式や人前式、神前式、仏前式などの結婚式が執り行われています。
通常の儀式の後に披露宴が行われて、場所ややり方なども自由になりました。

服装や料理について

古くから行われていた、日本特有の結婚式である神前式は、結婚式自体自宅で行われることが一般的でした。
服装は和装で、三々九度の杯を交わすことが特徴です。

和装

神前式は必ずしも神社だけで行うことが出来るというわけではなく、神前式用としてホテルに設備を整えているところも多くあります。
神前式に似たスタイルである仏前式は、仏に結婚を誓う儀式です。

キリスト教式は、キリスト教徒の結婚式を模した式です。
本物の教会堂や聖堂だけではなく、結婚式のためだけに作られた教会風の施設などもあります。
現在の日本では人口の1%程度がキリスト教信者だと言われています。
ですが、キリスト教スタイルの結婚式は、宗教問わず誰でも行うことができます。

服装は、ウェディングドレスです。
ブーケトスやライスシャワー、フラワーシャワーなどを行うことが特徴です。
また結婚指輪の交換もキリスト教式の特長です。
結婚指輪はローマ帝国時代から続く文化で、9世紀には指輪が結婚の証拠になると認められていました。

日本で結婚指輪が定着したのは、大正時代の頃です。当時はダイヤの輸入制限がありましたが、昭和30年代に制限が解除され、ダイヤモンド供給会社のキャンペーンが行われました。
そのため現在では、キリスト教式以外でも用いるほど結婚指輪が普及し、ほとんどの結婚指輪にダイヤが用いられるようになりました。
結婚指輪のデザイン・種類