縁談/見合い

江戸時代から続く風習

江戸時代

冠婚葬祭の婚の中でも最も知らない人はいない「縁談・見合い」
縁談とは、一般的に見合いの仲人と呼ばれる人が、相手の経歴や写真を双方に見せてからお見合いをするというもの。

最近では、インターネットの普及に伴いその「仲人」さもコンピューター化されています。
操作をしているのは人ですが、自動的に良い相手、そして理想の相手を見つけてくれるのがインターネットを介しての演壇です。

希望通りの相手を見つけてくれる存在である仲人。
仲人の存在によって、良い見合い、そして良い縁談ができるのです。

昔は、とても時間をかけて見合いをしていました。
男性の年収や経済力、容姿や趣味などをあらかじめじっくりと調べてから、見合いをしていたのです。

縁談・見合いの歴史

縁談・見合いの歴史をたどっていくと鎌倉時代までさかのぼります。
当時は、お見合い結婚がほとんどでした。

貴族や士族は、現在の見合い結婚の事情とはかなり異なる縁談をしています。
まず、はるか昔、位の高い者同士の結婚は「政略結婚」がほとんどでした。

家と家の縁を結び、家の繁栄を願うことが結婚の目的だったのです。
当時は、見合い結婚をする女性は「人質」とまで言われており、決定権はすべて男性が握っていました。
全くといっていいほど、女性には選択権がなかったのです。

庶民に縁談や見合いの習慣が広まったのは約400年前です。
江戸時代、徳川幕府から始まりました。

結婚相手を探すために世話好きなおばさんや近所の方が、見合い話を持ってくるという習慣はここで生まれました。
1935年、戦前の日本で見合い結婚が一般的に行われるようになりました。

家と家の繋がりというものを重視していた日本では受け入れやすいものだったのです。
当時は、7割の方が見合い結婚によって結婚していました。
戦後からは、見合い結婚の割合がどんどん減っていき、恋愛結婚される方が増えました。

見合い結婚は徐々に数が減少していきます。
今では、9割以上もの方が恋愛を経て、結婚されています。

現在の結婚の形になるまで、鎌倉、戦国、江戸、明治・大正・昭和を経ています。
それだけの月日をかけて、現在では当たり前のようにある恋愛結婚という形に移行したのです。

服装や料理について

縁談・見合いにも様々な形があります。
現在、こういった見合い結婚や良い縁談を求めて結婚活動を行うことを「婚活」といいます。
そこで、婚活の手法は様々です。

コンピューター化された仲人によって相手を紹介してもらうという結婚相談所などで婚活をする方法。
お見合いパーティーや街コンなどに酸化する方法など。

良い縁談を求めて、多くの方が参加されています。
最も私たちが一番身近に感じる「縁談」といえば、合コンです。

見合いの習慣はなくなりつつあるというものの、合コンなどラフな縁談として活用されています。
これも、時代の流れの一環なのだと理解しなければいけませんね。

そこで、縁談や見合いを行う際の服装や料理などは様々です。
場所も決まっておりません。

昔は家に呼び、和料理でもてなし、和装に身を包んで行っていた縁談話も、今では私服でカフェで行うということもあります。