七五三

子供の成長を祝う

七五三とは、基本的にはお宮参りと同じように子供が無事に成長したという感謝の気持ちをこめて、お祝いをするというものです。
三歳と五歳、そして七歳の子供の成長に感謝し、将来の幸福を祈ります。

通常は正装で神社に参拝することが一般的です。
通常は自宅から最も近い神社へ参拝にいきます。

必ずしも近くの神社でなければいけないというわけではありません。
ご利益がある大きな神社へ行く方もいますし、参拝はしないというスタイルの七五三もあります。

七五三の歴史

七五三の起源は室町時代だと言われています。
江戸時代の武家社会を中心に広まりました。

当時は、乳幼児期の死亡率が高く、生まれてから3年たってから現在の戸籍東麓にあたる、人別帳などに登録をしました。
そこで、七五三のお祝いは無事に成長したことへの感謝。
そして少年・少女期への節目として、これからの将来や長寿を願うために行われたと言われています。

3才、5才、7才のお祝い時代は、平安時代からありました。
それぞれ別の日に行われていて、江戸時代からは11月15日と決まりました。

女の子が3才、男の子が5才に、と言われる理由は、一般的に女の子のほうが成長が早いからです。
心身ともにという意味ですが、昔は女の子は10代で結婚するケースも多く3才と7才、それぞれ早い時期にお祝いをかねて行われていたのです。

七五三の意味は昔から決まっていました。
三歳で言葉を理解するようになり、男女ともに髪の毛を伸ばし始めることから、「髪置」と呼ばれました。
そして、五歳では知恵がつき、男の衣服である袴を初めて着ることから「袴着」と呼ばれています。

そして、七歳で乳歯から永久歯に変わり、女の子の着物帯を初めて装い始めることから「帯解」と呼ばれています。
現代でいえば、七五三は、子供を思う両親の愛情表現の行事という意味合いが強くなっています。

なぜ11月15日なのか?
これは、11月15日は何をするにも吉だとされている日付だからです。
そもそも、体が弱かった徳川家光の子供の健康を祈ったのが11月15日とされているからです。

この時期について、現代では特にこだわる必要はありません。
最近では、参拝までせず写真を残しておくという七五三のスタイルもあります。

服装や料理について

七五三の特有の食べ物といえば、千歳飴です。
江戸時代には子供の健やかな成長を願って、長く伸びるという意味がある「長い飴」が作られるようになりました。
そして、縁起が良いからと千歳飴を食べたのです。

近所の方や親戚には、歳の数だけ千歳飴を分けて入れます。
服装は、七五三特有の可愛らしい衣装を着せるのが一般的ですが、女の子は帯をしめ、男の子は袴を着ることが一般的です。

必ずしも「この時期じゃないといけない」という決まりはありません。
家族のベストなタイミングで、七五三のお祝いをします。