成人式

20歳という節目

成人式は、現在でいえば1月の第2月曜日に置かれている国民の祝日に、成人を迎える若者たちを祝う日となっています。
最近では若者のモラルの低下により、成人式ではトラブルがクローズアップされています。

ですが、そもそも成人式には様々な意味が込められています。
その歴史や意義についてしっかりと理解して、成人式を迎えてほしいものです。

成人の日の歴史自体は深くはありません。
髪型を大人の髪型へと変えるイベントであり、特にくらいの高い男女が儀式を受けていましたが、この儀式を通りすぎると、子供から大人になったとみなされて結婚もできるというしきたりがありました。

現在の日本では、20歳が成人とされています。
実は20歳で成人を迎えるというしきたりも、歴史は浅いのです。

成人式

成人式の歴史

第二次世界大戦が終わった直後の、1946年から成人式が行われるようになりました。
ですが、もっと昔をたどると大昔から成人式の起源となるお祝いごとが行われています。

1946年、日本では埼玉県で初めて成人式が行われました。
戦後の社会情勢の中、将来を担っている若者を激励しようということで、成人式と呼び企画をしたのです。

これがとても国民にうけ、全国展開しようという運動が起こり、成人の日が制定されました。
かつては1月15日が成人の日となっていましたが、現在ではカレンダーにともない調整し、第2月曜日が成人の日となったのです。

古来では、子供が大人の仲間入りをする儀式として、とてもめでたいと冠婚葬祭の冠として通過儀礼を示す言葉でした。
かつては16歳で大人と認められており、成長過程だとして歴史とともに、二十歳が成人だと言われるようになったのです。

国によっては、この「成人」に対する考え方も異なります。
未だに10代中ごろで大人だと認める地域もあれば、21歳のところもあり、微妙なラインが敷かれています。

服装や料理について

成人式のルーツともいえる催しで着られた服が、「元服」です。
数え年で16歳になったとき、男性は前髪を落としてマゲをゆい、大人になったことを祝いました。

女性の場合では、数え年で8歳から12歳の間に「裳着」という儀式を行っています。
男性と同じく元服を着て行っていました。

成人の日が制定されたと同時に生まれた「ハッピーマンデー制度」
これは、祝日を動かして三連休にしようというもの。

小中学校は完全週休2日制となり、会社も週休2日を実施するようになりました。
成人の紐、2000年のハッピーマンデー法の適用を受けて、第2月曜日に移行したのです。

現代では、男性はスーツまたは袴をきて成人式に参加します。
女性は、着物に身を包み、女性らしい帯をしめて参加します。

成人式の日には、お祝いとしてお祝いの料理を用意します。
赤飯を用意される方もいますが、現代ではあまりしきたりなど関係なく、様々な料理が用意されています。

宴の場を催しているところもありますし、お祝いごととして宴を楽しみます。
特に決まったしきたりがありませんから、自由に宴を楽しみましょう。