長寿祝い

長寿のお祝いとは

高齢化が進み、還暦を超えてもまだまだ若いといわれますが、昔は還暦まで生きるということがとても素晴らしいことでした。
戦国時代などは食べるものもままならず、40代まで生きることはとても大変なことでしたし、子供が大人になることが難しい時代もありました。

長く健康に生きること、これは現代でも素晴らしいことです。
長寿の祝いは中国から伝わった祝い事ですが、江戸時代以降還暦が長寿祝いとして一般化し、現代では還暦以降、古稀に喜寿、傘寿、米寿と節目の年を迎えるごとに長寿祝いを行います。

現代還暦はまだまだ若い世代と言われ、60歳という年齢ではまだ退職されていない方も少なくありません。
そのため、還暦ではそれほど大きな祝を行うと、いきなり年寄り扱いされるようで嫌がる方も多いので、現代では長寿祝いとして本格的に祝うとなると古稀での祝いです。
古稀、喜寿、つまり70歳、77歳で大きな祝宴を行うご家庭が多くなっています。

長寿お祝い、名称を理解しよう

還暦は数えの61歳です。
還暦という言葉の由来としては、生まれた年の干支に戻るということで還暦といいます。
古稀は数えの70歳、人生七十古来稀なりという詩人の言葉から取られた言葉です。
喜寿は数えの77歳、漢字の喜という字をくずして書いたものが「七十七」のように読めることから喜寿という言葉が使われます。

傘寿は数えの80歳、傘という文字を見ると「八」という文字と「十」を重ねた形です。
そのことから傘寿というようになりました。
米寿は数えの88歳、これも米という言葉をくずしてみると「八」「十」「八」となることから米寿とされています。
卒寿は数えの90歳、こちらも漢字をくずした形が由来となっており、「卒」のくずし字が「九十」に見えることから卒寿と言われ、数えの99歳の際に祝う白寿は百という文字から「一」を抜くと白という言葉になるため、白寿という言葉になりました。
この後、数えの100歳で「紀寿」、数えの101歳で「百一賀」(ひゃくいちが)、数えの108歳で「茶寿」、数えの111歳で「皇寿」、いずれもくずし字などが年齢と同じに見える、イメージされるということからこう呼ばれることが多いです。

長寿の色とお祝いの仕方

長寿のお祝いでよく聞くのが、還暦祝いの赤いちゃんちゃんこです。
しかし現代の若い60代の方に、ちゃんちゃんこを贈るのは実用的でなく不似合いということで、赤い色のものを贈るという方も少なくありません。

還暦は赤、朱、古稀は紫・紺が長寿祝いの色となります。
喜寿は紫・紺という説があり、傘寿は黄色という説があります。
米寿は黄色、白寿は白です。
ただ贈り物などに特に色を考えるのはほとんど還暦の場合で、他は、お祝いの祝宴を行ったり、お祝いの品にもそれほど色を考慮することは少ないです。

長寿のお祝いはこういうものを贈るべきという確固たるものはありません。
ただ、年齢を重ねて元気に過ごされているという長寿のお祝いなので、地味なものではなく、これからも若く、元気にという気持ちを込めて、趣味のものや普段利用されているものなどを贈られるといいでしょう。

普段は地味な洋服が多いおじいちゃん、おばあちゃんも、お子さんやお孫さんから派手な色のものをもらうと、着てみようかなという気持ちになります。
若々しい色の洋服などを来ていると気持ちもぐっと若返るものです。

お祝いは自宅でごちそうをふるまってもいいですし、家族、親族一緒に外食されるというのもいいでしょう。
普段あまり出かけられない方を連れ出して、若い世代からみんな一緒に食事をするというのも楽しいものです。

食事会、そのほかご家族みんなで家族旅行というのもいいでしょう。
ご本人の体調をみて、またお気持ちを確認してから旅行、食事会などの計画を立てていくほうが安心です。