お葬式の種類

仏教

様々なスタイル

日本では、約9割の方がお葬式は仏式で行っています。最近では様々な形式のお葬式があります。

世間体を気にしたお葬式よりも、故人らしい葬儀を意識される方が増え、キリスト教式などの特定の宗教による形式も生まれ、無宗教の方のスタイルも生まれました。中でも、葬儀の規模を示した種類といえば4つあります。密葬、家族葬、直葬、社葬です。

法律では死亡から24時間を経過した後でなければ、火葬してはいけないと言われています。墓地以外の区域に埋葬してはいけないなどの決まりもありますが、儀式に関する決まりはありません。

こだわりたいのならこだわって葬儀をすべきですし、こだわりがなければどんなスタイルでも良いのです。行いたい葬儀のイメージを明確に持ちましょう。

家族葬と密葬

家族葬とは、親族や家族で行う葬儀のことです。家族葬は何も、親族だけで行わなければいけないわけではありません。基本的には、故人と親しかった友人などを呼ぶにも良いと言われています。最近では故人をよく知っている人だけで見送りたいという方も多く、宗教問わずに行えるため好まれている葬儀方法です。家族葬をされる方は、年々増えています。

密葬とは一般の方を呼ばずに身内だけで行う葬儀です。年末年始に死亡した場合など、ひとまず身内だけでお別れをしようという方も、密葬をします。最近では、本葬をせずに密葬だけで終わらせるというケースも増えています。家族葬との違いは、葬儀に呼ぶ人数や故人との関係の違いです。

直葬と社葬

直葬とは、火葬だけのことを表しています。親族や友人など限られた人だけで集まり、火葬で故人にお別れをするというものです。以前は、身寄りがいないという方の場合に限られていましたが、最近では送り方を簡素的なものとして望まれている方が、直葬を選びます。

社葬は会社全体で行う葬儀のことで、会社の代表や社員が殉職した場合などに、会社が主催し行います。大規模な葬儀が多く、遺族と会社が合同で行う合同葬というものもあります。会社以外の団体で主催される場合は、団体葬と言います。

そのほかのスタイル

日本人はほとんどの方が、仏式葬を行います。一般的なスタイルで、僧侶の読経で見送る葬儀のことです。主に、実家の宗派に合わせた僧侶を紹介してもらい、読経を依頼します。その他にも、神前式葬やキリスト教式葬などがあります。

このほかにも、日本人は無宗教の方も多いため、自由なスタイルで行う葬儀もあります。これらは「お別れの会」とも称され、故人を弔うという目的は同じでも、宗教観をあまり重視しないというのが特徴です。昨今は、お別れの会を実施運営を行う葬儀会社なども多く、事前の打ち合わせによって、どのような内容にするかを決めるのが一般的です。

ホテルでお別れの会のプロデュースは信頼と実績の公益社

宗派や風習、そして行いたいスタイルに沿った葬儀を選ぶようにしましょう。