火葬

葬儀のスタイルが変わってきている

世界から見て宗教観をあまり持っていない日本人ですが、それでも葬儀というのは地域のしきたりや昔から行ってきたことに沿って行われてきました。
しかし最近、葬儀のスタイルはご家族それぞれ、また故人の意向もあり、大きく変動しているといわれます。

通常、通夜、告別式を行うのが葬儀の一般的なスタイルとされてきましたが、最近は親類縁者のみで行う家族葬や、火葬式、直葬などを選択されるご家庭、故人が多くなっています。
ただ通常の葬儀とは異なり、どのような内容になるのか理解されている方は少ないです。
火葬式や直葬というのはどのような葬儀のスタイルなのでしょうか。

火葬式や直葬とはどういう葬儀?

葬儀というのはお通夜、告別式などがあり火葬するということになりますが、火葬式や直葬は、臨終から24時間の期間を置き、通夜などを行わずそのまま火葬するという葬儀です。

通常日本の葬儀には、平均的に200万円以上の高額な費用が掛かりますが、直葬や火葬式ではそれほどの費用が掛かりません。
経済的理由で葬儀に大きな費用をかけられないという場合や、高齢で退職されてから大分期間が経過しお亡くなりになったなどの場合、葬儀に来られる知人、親族もほとんどいないという場合など、火葬式、直葬にされることが多いです。

また宗教観がなく、日ごろから葬儀などの儀式に重要性を感じていないという方が、故人をしのばれながらも、人は死んだら土に還るのみという考え方をもとに、簡素に火葬だけで葬儀を終わらせるということもあります。

もちろん、人がお亡くなりになったことで行う火葬式、直葬なのでご遺体の搬送、納棺、御安置、さらに役場に医師からもらった死亡診断書を提出、それに火葬埋葬許可書なども必要となりますので、葬儀社を利用するようになります。
こうした費用が必要となりますが、通常の葬儀とは比べ物にならないほど費用を抑えて葬儀ができるという特徴があります。

火葬式、直葬はこのように行う

病院で臨終された場合、病院の指示で退院手続きを行い、この間に菩提寺があれば菩提寺に連絡、また葬儀社や親類等、連絡をすべきところに連絡します。
ご遺体を安置場所に搬送するための寝台車の手配、枕飾りなどは葬儀社が行ってくれるのでお任せしましょう。
ご遺体を搬送したら火葬式や直葬にする話を進めます。
火葬場の手配や僧侶の手配、また無宗教にするということもできるので、その相談を行います。

ご遺体をきれいに整えて着替えをさせて納棺します。
位牌、骨箱、遺影写真などを準備し火葬場で火葬許可書を提出し炉前にお棺を運び、僧侶を手配しているようならお経をあげてもらい、火葬します。
お骨上げの時間になるまで待合室などでやすみます。
お骨上げの時間は係の方が知らせてくれるので、お骨上げを行い埋葬許可証をもらい受け取り、火葬式、直葬の終了です。

こうした葬儀を行うと心無い人はお金がないから簡単に行ったとか、故人がかわいそうなどという方もいますが、葬儀はどのような形であってもお亡くなりになった方を思い、悲しみを持って行うものです。
土曜な葬儀を行うかは、ご家族が決めることです。
他人がどう言おうと、心を込めて最後のお別れをすることができれば、納得の葬儀になります。