樹木葬

樹木に囲まれて永遠の眠りにつく自然葬

墓石の代わりに樹木を置くというより自然の形に近い葬儀が樹木葬と呼ばれる葬儀です。
1999年以降、日本で採用された新しい葬儀の形で、墓石にかかる費用がないため、一般的な墓石利用よりずっと費用が安く済み、より自然に近い形の埋葬となることで、今樹木葬を希望される方も多くなっています。

樹木葬は利点が多く、費用面、またお墓を継承するという、現代の社会問題ともなっていることについてもクリアできる埋葬の形です。
自然葬の一つであるということで、宗教にこだわりのない方からも希望の多い方法です。

少子化と日本のお墓問題

田舎に先祖代々の墓があるけれど、祖父母の代以降、墓を守る人材がいない、これは現代の日本において大きな問題となっています。
お墓を継承する人がいない状態で放置されている場合もあり、こうした事態はこの先多くなっていくことが考えられます。

結婚しない方、お子さんがいない方などもいらっしゃいますので、継承者なしでも可能な樹木葬はこれから先、日本で必要性の高い埋葬方法といってもいいでしょう。

自然葬の一つとなる樹木葬は家族の問題や宗教観に縛られることもないので、自然に弔ってほしいという方、また樹木に囲まれて静かに眠りたいという方などにも注目されています。

お墓を建立するよりも費用が掛からない

葬儀にもかなりの費用が掛かりますが、お墓を建立するためには土地、墓石費用など200万円から300万円くらいが費用相場となっています。
こうした費用を捻出できないため、お骨を自宅に安置しているという方も少なくありません。
いつまでにお墓に埋葬しなければならないという決まりはありませんが、大切な人をなくされその思いを断ち切ることができない、悲しみに縛られてしまう要因ともなるため、埋葬するということは非常に意味があることです。

亡き人への思いを忘れろということではなく、よい形で現実を見ることができるようにするためにも、費用の掛かりにくい樹木葬は理想的な埋葬といえます。
樹木葬にかかる費用は30万円から70万円くらいです。
お墓を建立するよりも費用が掛かりにくいというのも樹木葬の特徴です。

桜の下で眠るというのも素敵です

樹木葬を行っている霊園などにもよりますが、桜の下に埋葬してもらえる桜葬という埋葬を行っているところがあります。
毎年、桜が咲く季節になれば故人に思いをはせることができます。
大きな桜の木の下で静かに永遠の眠りにつくという選択もできるのです。

樹木葬はこのほかにも、自然豊かな山里で静かに眠る里山型や、樹木が咲き乱れしっかり管理される公園内に埋葬するという方法もあります。
常に管理され季節の花々、植物が美しく命を感じさせるその下に、大切な人が眠る場所がある、季節ごとに花が咲き、緑多く開くとき、故人を常に偲ぶことができます。