のし袋の様式~お中元・お歳暮~

お中元の意味と時期

お中元は旧暦の1年間を半分に分けるとその節目が7月15日になり、この時期にお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るというものです。
お中元の時期については、関東は7月初旬~7月15日まで、関西ではお盆が8月なので、7月下旬~8月15日までに贈るとなっています。
特に関西の人が関東にお中元を贈るときには、注意しないと時期を外してしまいます。

お歳暮の意味と時期

お歳暮は1年の感謝をするという意味があり、関東では12月初旬から12月末まで、関西では12月13日から12月末までとなり、あまり違いはありませんが、どちらも年末忙しいときではありますが、年内に届くようにしましょう。

喪中について

渡す側も渡される側も、どちらも喪中であっても関係なく贈ることができます。
ただし、亡くなった日が近いときには、お中元なら残暑見舞いにし、お歳暮なら寒中見舞いなどにずらすのもおすすめです。
寒中見舞いは1月8日以降、残暑見舞いは8月7日~9月6日までとなります。

お歳暮、お中元の水引について

お歳暮やお中元の場合はのし袋にお金を入れてお渡しするより、商品を贈ることの方が多くなります。
もし、のし袋を使用する場合は現金より商品券などがおすすめです。
そして、のし袋を使用する場合は、水引は花結びにして紅白(銀)タイプの「多当折型」と「封筒型」を使用しますが、地域によって違うので注意しましょう。

地域によって使用するのし袋は違う

「多当折型」と「封筒型」は地域で使い分けしましょう。
「多当折型」を使用する地域は関東地方であり、「多当折型」「封筒型」の混合の地域は静岡県、愛知県の一部、新潟県、福島県といわれています。
残りはすべて「封筒型」と考えておきましょう。

のし紙も贈る物によって注意

商品を贈る場合、お中元やお歳暮の場合ののし紙を付けるのが正式で、のし紙には紅白(銀)の水引の印刷がしてあるもので、右上にのしが印刷されています。
しかしこれは昔、アワビをはじめとした生のものを贈るという意味からのしを付けているので、のしはアワビの代用なのです。
そのため魚貝類を贈るときには、のし無しの水引の印刷された紙だけを付けるようにしましょう。

外のし、内のしについて

お中元やお歳暮では贈る商品にのし紙を付けますが、外のしや内のしがあります。
どちらでも、もちろん問題ありませんが、一応この二つには贈る側の気持の違いを表すと言われています。
まず、とにかく気持を強く表したいときには外のしを付け、気持をひかえめにしたいときには内のしにします(どちらも感謝の気持ちには変わりません)。

また相手のおうちに持って行くときには外のしにして「これはお歳暮です」「これはお中元です」ということをはっきりさせ、郵送などで送るときには包装紙を取ると出てくるように内のしにするといいでしょう。
ただし、これといった決まりはありません。