フランスの葬儀方法

フランスで行われる葬儀はどのような葬儀になるのか?

海外で親しい方がお亡くなりになって葬儀に参列するという機会もあるかと思います。
これからはグローバル社会の中、海外で働くという人も多くなっていくことが予想されるため、海外での葬儀マナーについても学んでおけるうちにしっかり学んでおきましょう。

日本では社会人になると喪服をそろえておくことが当然といわれますが、フランスではどのような服装で葬儀に参列するのか、また、どのような葬儀になるのか、これからフランスに行く機会がある方、また留学をお考えの方は学んでおく方が安心です。

フランスの葬儀にお通夜はない

フランスで人が無くなると各新聞に死亡者リストがありそこに掲載されます。
ここには誰がいつ亡くなったか、また葬儀の日程と喪主について記載されています。
フランスでは新聞の死亡者リストが日本の回覧場のような意味を持っているのです。

亡くなったという話が世間に口で広がるということが少ないので、死亡者リストをみない限り、亡くなった方の情報が入ってこないということもあります。
このリストには喪主から葬儀に関する希望などが掲載されることもあり、供花について生花のみなど大切なことがかかれていることもありますので、よくみておくべきです。

またフランスには日本のお通夜のような儀式がありません。
通常、葬儀はお亡くなりになって3日から5日くらいで行われています。
御遺体は各市町村に設けられている遺体安置所で冷蔵のお部屋に安置され、生前好まれた洋服に着替えさせてもらい、ヘアメイクなどが施され葬儀までこの部屋で安置されています。

ご自宅に安置されることもありますが、冷蔵ベッドを借りて涼しい部屋に安置することになります。
葬儀までご家族や親族がお線香を絶やさずあげるという日本のような風習はありません。

御遺体の足元に聖水の入った入れ物があり棒が一緒におかれています。
聖水を少し棒につけて御遺体にむかい上下左右に十字を切りご冥福を祈ります。

フランスの葬儀には香典が必要ない

日本では通夜、葬儀に参列する場合、お香典をもっていきますが、フランスでは香典という習慣がありません。
もしもお金を差し上げたいという希望がある場合、お悔やみのメッセージカードに銀行小切手、若しくは現金を入れてご遺族に渡します。

香典を渡すと通常日本では香典返しがありますが、フランスではこうしたお返しなどもありません。
現金をもっていくのはかなり親しい間柄と考えておく方がいいでしょう。

お亡くなりになった方に何かしてあげたいと思う時には、通常生花を選びます。
しかし日本のような葬儀用の生花ではなく、日本ではアレンジメントフラワーと呼ばれるようなお祝いごとに利用されるようなものを持参します。

亡くなった方が好きなお花がわかるようならそのお花で、ご年配の方の葬儀ほど明るい色の花を選択しています。

日本では考えられないことですが、葬儀に利用されるお花はバラが多く、赤いバラは親族、喪主が個人への愛情を表現するために利用します。
バラを選択される場合、赤いバラは避ける方が無難です。

またフランスでは白一色のアレンジメントは、10歳以下のお子さんが亡くなった場合に利用されるので、それも覚えておく方がいいと思います。

フランスの葬儀にどんな服装で行けばいいの?

葬儀に参列する際の洋服ですが、フランスは日本の様に喪服というものがありません。
服装は自由で、寒い時期こそ暗めのファッションが多いのですが、春夏はピンクや赤など着ていく方もいます。

ジーンズ姿という方もいますし、ジャージを着ている方もいて、日本ではちょっと見ることの無い光景ですが、露出ということだけは気を付けておくべきです。
通常キリスト教の教会での葬儀が多いので、露出を嫌います。