イギリスの葬儀方法

伝統ある国イギリスの葬儀はどのような葬儀になるのか?

イギリスといえば歴史と伝統を持った国であり、しきたりに厳しいといわれる国です。
ただ服装などに関してはカジュアルな加工で葬儀に参列する方も多く、黒服で参列するのがマナーということはないようですし、ドレスコードも存在しません。

しかし一般的に女性は地味な色のワンピース、またシンプルな服装が多いです。
男性はダークスーツとシンプルなシャツ、ネクタイは黒やダークな色をしめていきます。
アクセサリーについてはパールでもゴールドでも問題なく、ただ華美にならずファッションにあったドレッシーな物を選択します。

靴は墓地に行く際にヒールだと歩きにくいということもありますので、墓地に行く場合にはヒールを避ける方が安心です。

こうしなければならないというルールがない?

イギリスというとしきたりがしっかりある国ですし、マナーもしっかりしているという印象がありますが、葬儀に関してはそれほど厳しいルールやマナーがないようです。
日本の場合、お香典をもっていきますし、供花等も行いますが、イギリスの場合はお香典もありませんし、葬儀についてしきたり的なことは感じません。

故人がくらしてきた地域の教会で葬儀を行う場合、教会に花が飾られ、○○○のお葬式というカードが飾られています。
祭壇の中央に棺が安置され、教会の長いすには黒いリボンと花がかけられています。

こうした風景を見て、地域の方々は葬儀がある事を理解します。
日本の様に大々的に○○家葬儀会場などと看板が掲げられるということもないのです。

日本とは違いリーズナブルに行う事が出来るイギリスの葬儀

日本の場合、規模にもよりますし最近は家族葬などの方式を利用する方も多くなり、葬儀費用は低くなってきているといいますが、それでも通常の葬儀で100万以下ということはないでしょう。

しかしイギリスの葬儀については、非常にコストダウンされていて、一般的に葬儀だけで60万円位といわれています。
これにお花、墓石など入れて100万位ということなので、通常の葬儀を行うということならイギリスの方が安く済むといえるようです。

ただ代金は葬儀に日本の様に葬儀ディレクターがついて、コストがかかる様になってきていて、少しずつ高くなり、葬儀貧困などに陥る方も出てきているといいますので、以前よりは葬儀費用が高くなりつつあるといえるようです。
葬儀についてはイギリスでも地域によって風習の違いがありますし、家庭によっても葬儀に違いがありますが、通常教会で式をすませて参列者と共に火葬場へ行き、司祭にお祈りをあげてもらいます。

火葬場に一緒に行くということはなく、司祭のお祈りの後には、そのままパブなどへ行って軽食を食べて終わりです。
御遺体は火葬場で焼いてもらい、そのまま葬儀会社がお墓に埋葬するということが多いようです。