中国の葬儀方法

世界にはたくさんの葬儀方法がある・・・中国はどのような葬儀なのか?

世界を見ると日本人としてはびっくりするような葬儀を行っている国もあります。
しかしほかの国からすると日本で行われてきた葬儀が逆に驚くべきものかもしれませんし、葬儀の形というのはその国の歴史の中で培われてきた文化ともいえる事です。

日本では通夜、葬儀を通じて色に例えるなら「黒と白」ですが、中国の葬儀は非常にカラフルで、日本では考えられないほど見た目が非常に明るく、これが葬儀?と思ってしまうくらいです。

アジア各国ではこうした日本とはまた違う葬儀を行っているところが多いのですが、特に中国は日本と全く違う葬儀への考え方があります。

中国の葬儀文化・・日本から見ると驚きの連続

中国の葬儀は日本人から見るとびっくりすることだらけです。
日本の葬儀は静か・・静寂で厳かな雰囲気の中行われますし、話をしている人も皆、ひそひそ話です。

しかし中国へは、葬儀をなるべく賑やかに行うということが基本となっています。
供物を会場いっぱいに並べ、爆竹の音が鳴り響き、お金をばらまき、到底人がお亡くなりになったというイメージがしない葬儀です。

派手に行う事が亡き人をしっかり送り出すことができるという考え方もあり、葬儀の規模で富や人脈を誇示するのではないとおふれがでるほどといいます。

派手な葬儀を行う中で最もびっくりするのが、ストリップショーが組み込まれていることもあるということで、この習慣については近年非常に大きな問題となり、中国文化賞は2015年4月にこうした習慣を禁止するという声明を出しています。

泣き女という文化

葬儀に参列しとにかく大声で派手になくという「泣き女」という文化は、中国のみならず、イギリス、エジプトなどでも行われています。
中国の人たちは悲しみの気持ちを隠すことなく、全身で表現します。

葬儀の際にも、亡くなってしまったご家族を思いとにかく大声で全身を使い悲しみます。
沢山泣いて悲しいという思いを葬儀の中でしっかりと知らしめるために、泣き女を呼び、より悲しんでもらい、弔うという習慣があるのです。

日本同様、三途の川の渡し賃的なものがある

三途の川を渡るとき、船に乗る渡賃をもっていくために硬貨を棺の中に入れるという習慣が日本にもあります。
これと同じような習慣が中国にもあり、紙幣を模した紙を焼くという習慣があります。

お金が煙となって向こうの世界に届くということで行われるもので、中国元やドル紙幣、また最近は家の模型などを燃やすこともあります。

参列者が多いほどいいといわれる中国の葬儀

泣き女にしても盛大に行うということにしても、またストリップという葬儀に全くにつかわないことがおこなわれることにしろ、これは全て人を集めるために行われることといわれています。

中国では古くから葬儀の参列者が多いことが死者への弔いの気持ちが大きく、尊敬の念を表すことになるといわれてきました。
そのため、人を集める事を葬儀で行うようになったといわれています。

葬儀に参列してくれる人が多いというのは、いい人だということ、いい人は死後の世界に行っても必ず幸せになれるという考えに基づき、人を多く集める葬儀が行われるようになったのです。