キリスト教の土葬

日本の埋葬

葬儀の際に様々な埋葬方法があるのですが、具体的に国によって埋葬方法というのは異なってきます。
日本では衛生管理上火葬のほうが戦後増えているのですが、戦前では土葬が一般的でした。
実は仏教では火葬が比較的多かった意見もあるので、仏教伝来以降に火葬が入ってきており、戦後の土地の狭小さと、遺体の腐敗などによって生じる雑菌などの観点から、日本では火葬が定番となっています。
奈良県の一部の地域では土葬を実行していますが、ごく少数となっているのが現在の状況です。

キリスト教圏の埋葬事情

十字架

・キリスト教圏の埋葬方法
キリスト教圏では遺体の埋葬について調べてみると、比較的土葬が多いのは確かです。
とはいえ、英国国教会がある英国では国土の関連上などを経て、火葬が主流となっているのは事実です。
しかしながら、基本的に土葬がメインとなっており、米国の半数の州、また、大陸側の欧州でも依然として土葬が主流となっています。
ただし、オランダや豪州などでは火葬場が存在しており、必ずしも土葬だけが埋葬方法というわけではありません。
また、船乗りや客船内では航海中に何らかの事情で死者が出てしまったときにも、船長の許可によって遺体を水葬といって、棺ごと遺体を流すところもありますが、ごく少数となっています。

・なぜ土葬が多いのか
キリスト教という宗教の教えにのっとっているからです。
というのも、キリスト教では終末思想があり、様々な災害が起こった後に神が地上に降りてきて、全ての死者を復活させてくれるという教えがあるからです。
このときに死んだ人の体が焼かれていると復活できないという発想から、通常なくなった方は復活の日まで眠らせておくという概念にのっとって、土葬として埋葬するという考え方があります。
そのため、キリスト教を主流としている文化圏では比較的土葬が多いのは事実です。
ちなみに、キリスト教のなかには様々な宗派がありますが、どの宗派でも共通しているのは土葬に対しての考え方です。
そのため、ロシアなどでも土葬が主流で、火葬という発想自体存在していないと考えられています。

・なぜキリスト教圏での火葬が存在しているのか
キリスト教圏の国内に住んではいても、別の宗教である人も少なくありませんので、そういった方々がなくなったときには、死者を火葬にしているという場合もあります。
しかし、昨今では不況の折もあいまって、土葬だと費用がかさんでしまうからと、キリスト教徒であっても火葬を選択する人が増えているのです。

・土葬に対しての感染症対策
欧米では土葬の際に発生する遺体からの感染症対策として、エンバーミングといわれている防腐処理をおこないます。
この際に、死化粧といわれている遺体のひどい状況を補修する作業も存在しています。
防腐処理を行ってから埋葬しないとハエなどを媒体とした感染症が蔓延してしまうため、当然の処置となっています。
一部の国では埋葬の際にエンバーミングを行うことを州法で決定付けているところもあります。