お墓の種類

お墓探し

一軒に一ヶ所はある、または必要になってくるのがお墓であります。
田舎でもないし、本家でもないとなると中々そこまで手が回らず「お墓なんてまだまだ先の事」と考えていらっしゃる方々も多いのではないでしょうか。
ですが、こればっかりは順序よくいくかと思っていても、いつ何時何が起こるやもしれず、その時になって無い場合はお骨を家に置いたまま墓地を探すことになるのです。
まだ悲しみも癒えないまま、墓地を求めてのお墓探しになります。

墓地と管理費

元々お寺さんの檀家になっている家は、その寺の墓地になったり近くの同じ宗派の墓地になったりします。
現代は知っての通り核家族化が進んでおり、墓地は持ちたくても費用がかかってそこまで出来ないのが現状です。
お墓と一口に言っても、都会ですと何百万からあるので手がでないのではないでしょうか。
田舎の奥へ行きますと一聖地20万切ってしまう所もあり、所によってさまざまと言えるでしょう。
お寺さんによっては購入する人が檀家であれば通常より安く購入できてそうでなければ、割増料金で購入できるという方法をとっているところもあります。

その場合は、お墓に入る人が檀家でなくてもよいので管理費を払えばいいというものです。
墓を建てる敷地を一聖地と呼んでいますが、同じ一聖地でも所やお寺によって敷地の大きさが違うのです。
ある所では墓石が一つぎりぎり建つだけで墓誌も横にたてられないほど狭い所があると思えば、墓石を建てとなりに墓誌をたてても十分スペースがあるような所さえあるので、一概には言えません。
さらに今は、区画販売をしているところもあります。
例えば一区画として販売したり、二聖地や三聖地を一区画として販売するといった方法です。
どちらにせよ購入した後には、それに伴って毎年管理費が発生してくるので大きい区画であればあるほど出費も多くなるということです。

宗派を問わない霊園

お寺さんにしても、霊園にしても宗派を問わない永代供養というものをやっている所があります。
いわゆる「宗派を問わない霊園」です。

寺

檀家さんにしても跡継ぎがいなくて、供養する人がいなかったりする場合はこの方法で納骨をするのです。
また事情があり通常の墓に入れなかったり、御遺骨を埋葬できない人であったりと、さまざまな事情に配慮されているのが特徴になります。
こちらの費用は、一体合祀納骨でいくらとなっています。
永代供養というのは、お墓参りをすることが出来ない方に代ってお寺さんなり霊園が責任をもって、永代に渡って供養し管理していくというものです。
やはり自分の代で終わってしまっては、ご先祖さまに申し訳がなく気がかりという方もおられるでしよう。
お墓探しで気が付かれるかもしれませんが、今時のお墓というものは何と種類の多いものかと驚かされます。
昔からの一般的なものだけではなく洋風なものから垣根が付いたものや墓石に好きな言葉などを彫ったものなど、本当に沢山種類があってお墓も今時の風景なのでしょう。
ご自分に合ったお墓探しをしてみませんか。