のし袋の様式~祝儀・御礼~

祝儀・御礼の「十本結び切りのし袋」「十本花結びのし袋」の特徴

「十本結切りのし袋」や「十本花結びのし袋」には四方折り・四つ手の「多当折型」と、「封筒型」があります。
どちらも、のしは右上に印刷してあり、左右合計十本の結び切りタイプや花結びタイプ水引は印刷されてます。
また「多当折型」や「封筒型」ののし紙は水引は印刷となりますが、金封なら水引が付いています。

お祝いの場合の水引は基本紅白の赤色と白色ですが、印刷は白色では目立たないので銀色と赤色で印刷され、水引そのものの場合は白色の場合・銀色・金色などの場合もあります。
また「十本結切りのし袋」や「十本花結びのし袋」の場合、「多当折」の場合は左側の端に細く、真っ直ぐ赤く塗られていますが「封筒型」にはありません。

祝儀・御礼の「赤棒のし袋」の特徴

「赤棒のし袋」の右上には、小さめののしが印刷されていますが、水引の印刷はありません。
どれも左側に赤く細い線が引かれており「封筒型」となります。

水引による使い方の違い

のし袋の中でも「十本結切りのし袋」の水引は結び切りというスタイルです。
これは結び目から上に結び切りを持っていくものですが、このかたちはしっかり結んでしまったということを表し、今回切りの喜びをお祝いするという意味があります。
例えば結婚のお祝いやお見舞いなどは、何回もあることは逆に良くないことなので1回だけのお祝いというときに使用するのし袋です。

逆に「十本花結びのし袋」の場合はいわゆる蝶々結びであり、何回も結び直せるという意味があり、何度でもあって欲しいお祝い事に使います。
例えば入学祝い、転居祝い、開店祝い、誕生祝いなど何回あっても良いお祝い事のときには「十本花結びのし袋」を使用しましょう。

地域によって違うこと

「多当折型」と「封筒型」の使い分けとして、地域でも大きく違ってきます。
「封筒型」を使用する地域は、九州・沖縄地方、四国地方、中国地方、近畿地方、福島を省く東北地方、北海道地方となり、「多当折型」を使用する地域は関東地方。
そして両方混在しているところが、静岡県、愛知県の一部、新潟県、福島県となっています。
水引の色はお祝いの場合は紅白、赤銀、赤金などがありますが、特に地域別に決まりがあるようなことはありません。

婚礼のお祝いの場合

婚礼のお祝いの場合は、現在いろいろなカラーの華やかな水引を使った金封を使用することが多く、この場合は全国的に使用しています。
結婚式用のさまざまなデザインの水引は、そのデザインの中に結び切りの形式た取り入れられていますので、そのまま使用できますが、もし赤白(銀)の水引の場合、必ず結び切りの水引のものを使用しなければなりません。