帯祝い

生まれ来る新しい命のために

日本では多くの冠婚葬祭のマナー、またすべきことがあります。
お祝いごとも悲しい出来事も、古くから行われてきた儀式的な事があり、現在でも受け継がれています。
昔ほど、こうした冠婚葬祭のマナーに厳しくなくなったという事はあっても、大切な日本の文化として受け継いでいけたら……と考えます。

新しい命が生まれる時、親族にとって喜ばしい限りの出来事ですが、ここにもしきたり、マナーが存在します。
ママのお腹の中に新しい命が宿り、その命がこの世に生れ出てくるまで、どうか健康に何事もなく生まれてきますようにという意味を込めて行われるのが、帯祝いです。

帯祝いとは何か

新しい命がお腹の中に宿り、最初に行うお祝いの行事が帯祝いです。
妊娠初期は胎児が成長する子宮も不安定で、流産の心配などがある時期です。
この時期、妊婦さんはつわりがあり精神的にも不安定になり大変な時期ですが、この時期を乗り越えると安定期に入ります。

この安定期に入る時期、妊娠5カ月で帯祝いを行います。
お産が軽く多産となる犬にあやかって、難産にならず健康にすんなり赤ちゃんが誕生しますように、ママの身体も健康にお産を追われますようにという思いを込めて行う帯祝いです。

犬のお産にあやかって、という事で「戌の日」に5か月に入った妊婦さんへ腹帯を送ります。
これが帯祝いと呼ばれるものです。
現在もしきたりに厳しいご家庭では、戌の日に帯祝いを行っていますが、戌の日に拘りなく妊娠5カ月に入ると腹帯を贈るというご家庭もあります。

祝いの帯には岩田帯が理想的

岩田帯というのは岩のように頑丈な体になって赤ちゃんを産めるようにという願いが込められています。
通常、岩田帯はさらし木綿、もしくは絹でできていて長さ2.5mほどの帯です。
帯というよりも「さらし」でこれをお腹に巻いていきます。
岩田帯として販売されているもののほか、通常のさらしを腹帯に利用する場合、2.5mほどの長さに切って、一旦水に通し乾かすと生地がよれず巻き易くなります。

最近はお祝い物として岩田帯を頂き、通常は妊婦帯と呼ばれるものやガードルのように気軽に着用できるものを普段着用されている妊婦さんも多いです。
岩田帯は戌の日の帯祝いで記念に巻いて、その後、普段はガードルタイプのもの、また妊婦帯をしている、という方がほとんどです。

帯祝いの岩田帯をどのように渡すのが礼儀?

通常、妊婦さんの実家から岩田帯を贈ります。
岩田帯は安産祈願を行っている神社でも購入できます。
安産祈願を行うと岩田帯とその他お祝いの品を頂く、ということもあります。
デパートでも購入できますし、インターネット通販でも購入できます。
妊娠5か月目に入った戌の日、若しくはその半月前くらいまでに起ります。

昔からのしきたりでは、紅白の絹の帯が岩田帯と呼ばれ、これに白木綿一反を添え送る事がしきたりです。
この岩田帯と白木綿一反を奉書で包み、白赤の蝶結びの水引で熨斗を付けます。
熨斗には「寿」「祝い帯」など書いて贈りますが、妊婦の実家ではなく他人が贈る場合に限って「御帯」と書くのがマナーです。

岩田帯の締め方

あまりきつく巻いてしまうとお腹が苦しくなってしまうので締めすぎないように巻くのがポイントです。
下腹部付近からぐるっと締めすぎないように1周し、前で布を三角のようにねじり、帯びの上部に佐波混むようにして巻いていきます。
巻き終わったら腹帯の上からショーツをはきましょう。

帯祝いのお返し

身内で祝宴を設けるという場合、また食事会を行うという時には、当日の会食でお祝いのお返しという事にします。
お招きされない方からお祝いを頂いたときには、「内祝」「着帯内祝」としてお祝いのお返しを「1週間以内」に贈るといいでしょう。

身内ではない方が祝い金を贈るという場合にも、御帯祝などの表書きをします。