還暦祝い

還暦はまだ若い、でも長寿の祝いです

60歳で還暦のお祝いをするというのはどの地域でも行われていることですし、赤いちゃんちゃんこを贈るという習慣も、多くの方がよく理解されています。
しかし、現代の還暦の方は非常にお元気、というよりもまだまだ仕事も現役で若々しく、昔の60歳とは全く違うイメージがあります。

日本は特に長寿大国となっているため、60歳ではまだ若いねといわることもあります。
ご本人もまだまだ若い、長寿祝いなど必要ないというかもしれませんが、60歳まで元気いっぱい生きてきたということを祝う大切な還暦の祝いなので、盛大に行わなくてもきちんと祝いましょう。

還暦って何?

還暦は干支が60年で一回りして生まれ年の干支に還るということで使われる言葉です。
干支の「支」には「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」つまり十二支のことを表します。
干支の「干」は、十支を表していて「申、乙、丙、丁、戊、己、庚・辛、壬、癸」の10種類を指します。
実は還暦の干支が生まれ年に還るというのは、干支の組み合わせが60種類あるため一回りして生まれ年に還るといわれます。

干支が一回りということは12年でしょ?という方がいますが、そうではなく、60種類が一回りしてくるから還暦とよばれるのです。

また今でこそ60歳は若く元気で長寿祝いが合わないといわれるくらいですが、昔の60歳はとんでもなく長生きとされていた年齢でした。
というのも、戦前まで平均寿命はなんと50歳にも満たない状態でした。
つまり50歳以上生きるということはとても珍しくおめでたいことだったのです。

平安時代から始まった長寿祝いですが、この時代は戦前と比較にならないほど短命でした。
そのため、60歳になるということは現代100歳になるのと同じようにとてもおめでたい事であり、経験と知識を持った高齢者がいることはとても意義があることだったのです。

現代は80、90歳まで生きる元気な高齢者が多いので、60歳の還暦祝いは、今まで元気で働いてきてくれた、家族を支えてくれたことへの感謝の気持ち、またこれからももっともっと元気で頑張って長生きしてねという意味を込めてお祝いするといいでしょう。

還暦と厄年の関係

還暦の祝いの品は明るい色味で若々しいもの、趣味とされるものと関連したものや、日ごろから好きで集めているものなどを贈るといいでしょう。
また食事会などを開くのもいいですし、若いおじいちゃんおばあちゃんに、赤いちゃんちゃんこを着せてみんなで楽しく外食というのも素敵です。

ちょっとここで知っておいてほしいことがあります。
それは厄年との関係です。
数えの60歳で祝をするということは、生まれた年を1歳としますので、還暦の祝いを行うのは満61歳ということになります。
ということは、女性の厄年に当たるのです。

60歳という年齢は現代、若いとされますが実は体に大きな変化があったり、生活に大きな変化がある、などもあります。
こうした変化のある年は病気をしたり、精神的に参ってしまうことも多いので、気を付けなければいけないというのが厄年です。

赤いものを身に着けるということは魔除けにつながるということもあるので、盛大に還暦の祝いを行って厄払いしてしまおうと考えてもいいでしょう。