葬儀前の手続き

葬儀の手続きの進め方

人は誰しも亡くなるものですが、それは突然にやってくることが多いです。
また、仮に死期が迫っているかもしれないと思っても、葬儀のことを考えるのは辛く、先延ばしにしがちです。
大切な家族が最期の時を迎えた際に、安らかに見送ることができるよう、事前に葬儀の手続きについて頭に入れておきましょう。

葬儀社・かかりつけ医・近親者への連絡

まず、病院で亡くなった場合は、直ぐに葬儀社に連絡をします。

病院

どこの葬儀社も24時間365日対応してくれるのが基本です。
病院で紹介される場合もありますが、自分たちで選んだところに頼んで構いません。
自宅で病気で亡くなった場合には、かかりつけの主治医に連絡し死亡診断書を作成します。
その他、急に亡くなった場合などは警察による死亡確認が必要なので、警察に連絡を入れます。
病院以外で亡くなったケースでも、同時に葬儀社にも連絡を入れておきましょう。
また、近親者への連絡も順次行なっていきます。
故人と親しい間柄であるほど早めに連絡を入れましょう。
夜中に亡くなった場合は、連絡を待っている方であればその場で、そうでない場合は、翌朝直ぐに電話をしてください。
葬儀社は連絡を受けると直ぐに駆けつけてくれ、遺体をご自宅または式場に移送してくれます。
ご遺体の安置と枕飾りがなされます。
枕飾りは宗教によって異なるので、仏式・神式・キリスト教式、もしくは無宗教である旨を告げてください。

火葬場までの流れ

喪主と世話役を決めます。
喪主は亡くなった方の血縁が一番近い方がふさわしく、配偶者かご子息、お子様の場合は親やご兄弟となります。
また、ご親族の代表として葬儀の進行や事務を管理する世話役を決めておくと、葬儀社との連携がスムーズになり、悲しみを背負った喪主の負担を減らすことができます。
葬儀の日時を取り決めます。
火葬・埋葬は法律上、死後24時間が経過してからと定められているので、その時間を超え、かつ、友引を避けて設定します。
葬儀の日時が決まったら親族や近隣の方、知人や勤務先等に直ぐに連絡を入れましょう。
宗教家の手配をします。
仏式で菩提寺がある場合は菩提寺の僧侶にお越し頂くのが基本です。
距離が離れている場合や依頼先がないという場合は、各宗旨宗派および神社・教会の宗教家を葬儀社で手配してくれるので、お任せしましょう。

式場は葬儀社で運営している場所を借りるケースと、幾つかの提携先から選ぶケースがあります。
ご葬儀に参列する人数を予測して過不足ない規模の式場を選びましょう。
納棺の儀が行われます、お通夜の前に近しい親族が集まったもとで、葬儀社の手によって丁寧に棺に納められます。
この際、故人の旅支度を行い、愛用していたものなどを一緒に納めます。
祭壇が飾られ、夕方6時ないし7時頃よりお通夜が始まります。
30分~1時間の読経の後、参列者の焼香を行い、親族代表による挨拶の後で通夜ぶるまいとして、食事やお清めの酒でもてなしをします。
食事等の用意も全て葬儀社に任せることができます。
葬儀・告別式にあたって、弔辞や届いた弔辞の奉読の順番を取り決めるほか、火葬場に行かれる人数や、誰がどの車に乗るかなどを可能な範囲で決めておきます。
葬儀・告別式が終わると、お別れの儀式がとり行われ、故人の好きだったものを棺に入れ、お花で全体をお飾りして、血縁の近い順に釘打ちをして棺を納めます。
喪主による挨拶のあと、霊柩車を先頭に火葬場へと出棺になります。
最近では多くのケースで、火葬場で待っている間に火葬場内の施設で精進落としを行い、料理と清めの酒で故人の死を悼みます。
また帰骨後に、場所を移して行う場合もあります。
親族が何度も集まるのが難しい現代においては、精進落としを兼ねて初七日の法要を営むケースも多くなっています。
これらのほとんどを葬儀社がご遺族に配慮しつつ、スムーズに行えるよう進行してくれますので、流れを頭に入れたうえで、後はお任せするのがいいでしょう。