お通夜の挨拶

立場によって異なる挨拶マナー

お通夜と言うのは突然やってきますから、自分の意思とは関係なくその日に連絡がきて、当日に行く事になる場合も多い事でしょう。
急の事なので事前の準備や下調べもあまりできず、失礼な事をしてしまう事もあります。
しかし、「まぁいっか」で済まされる場所ではありませんから、ご遺族の方は悲しみに暮れて心もかなり繊細になっています。
自分は何気なく使った言葉の中にも失礼な表現があり、ご遺族の方を傷つけてしまう事だってあります。
なので、きちんとしたマナーを知っていざと言う時に備えたいものです。
お通夜においての挨拶は特に重要になってきますし、お悔やみの言葉を必ず申し上げなくてはいけません。
日常で使う挨拶ではいけませんので、立場によって言う挨拶の言葉も勉強しておきましょう。

つまり参列者と遺族側の挨拶では違うと言う事です。
参列者においては宗教によっても違いますが、受付で挨拶をする場合は、「本日はお悔やみ申し上げます。」と言うのが宗教にも関係なく使える挨拶です。
そしてご遺族の方に会った時は、「突然の事で大変お気の毒でございました。」など言いましょう。
そして故人との思い出やいたわりの言葉を添えると良いです。
もちろん、親しい間柄なら、もう少し砕けた表現を使っても良いかもしれませんが、第一声の挨拶は丁寧な表現を心掛けた方が大人らしいでしょう。
ご遺族の方は、お礼の言う際、「本日はOOの為にお集まり頂き本当にありがとうございます。」と言いましょう。
そして故人についても少しふれておくと良いです。
「こんなに沢山の方にお集まり頂き、故人も喜んでいる事だと思います。」と言う風に故人が喜んでいる事を述べると良いです。
話をしている参列者との思い出話も少し絡めても、喜ばれる事でしょう。
もし喪主としてスピーチをするのであれば、翌日にひかえている、お葬式の日時や時間や場所もその時一緒にお伝えしましょう。
翌日のメインのお別れの式に、来ていただけるようにしましょう。

気をつけなくてはいけないタブーな言葉

次に忌み言葉と言うものもあり、気をつけなくてはいけない事の一つです。
お通夜やお葬式では不吉や、悲しいイメージを連想させる言葉はタブーなんです。
短いご挨拶の中だからこそ決して使ってはいけません。
その忌み言葉は例えば、「重ね重ね」や「たびたび」や「しばしば」など、また起きてしまうと言うのを連想させてしまうのでいけません。
または「続いて」や「再三」なども、やはりまた起きる事を思わせるのでいけません。
病気や悪い事が繰り返す事がないように、ご挨拶の時や会話の中には、気をつけて使わないようにしましょう。
お通夜やお葬式は本当に突然の事で、ご遺族の方もものすごくお疲れの場合が多いです。
小さな事かもしれませんが、少しでもマナーを知って、心がけていかなくてはその後の人間関係にも影響が出る場合があります。
それに失礼な事をしてしまっては故人も喜びません。
参列者が心からのいたわりの言葉を添えて、悲しみを少しでも和らげてあげましょう。