四十九日の法要

最後のご奉公 身内が亡くなり、喪主ともなれば、悲しみにくれるまもなく、 葬儀の準備や役所の手続きなどに追われ、ようやくひと段落ついたと思うと、 納骨や四十九日の法要をしなければなりません。 言い換えれば四十九日の法要と納 […]